読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

本当に本当のことをいえばいい


相手に伝えたいことがあるとき、これを言ったら失礼だろうか?と気になることがないだろうか。

そういうとき、考えてほしいことがある。

もし、本当のことをいうなら、失礼にはならない。

失礼だろうか?と、気にしているときに注意したいのは、それは真実ではない可能性があることだ。

自分の偏見が入っている場合がある。

例を出してみる。

お世辞にも綺麗だとはいえない女性がいたとする。

その人に向かって、「あなたは綺麗ではないですね」ということは失礼なことだろうか?

これは、反語ではない。もちろん失礼だ。

なぜなら、「綺麗」「綺麗ではない」というのが、個人の主観による概念だからだ。

つまり、本当のことを自分では言ったつもりが、偏見を語っているのである。

偏見とは、別の言い方をすれば、妄想のことである。

つまり、ある人が綺麗ではないというのは個人の主観であって、「本当のこと」ではないのだ。

では、本当に「本当のこと」とはなんだろうか?

例えば、あなたが綺麗ではないと感じるその人を写真に撮ってみる。

その写真をその人に手渡し、「これがあなたを撮った写真です」ということは失礼だろうか?

それを失礼と感じる人はあまりいないだろう。

これこそ、本当に「本当のこと」だからだ。

つまり、我々が「本当のこと」だと思っていることのうちの多くは、本当のことではなく、ただの妄想である。

本当に「本当のこと」をいえばいい。それは普通、失礼には当たらない。

これは失礼かな?と思った時、それは本当に「本当のこと」だろうか?とかんがえる。

本当に本当のことはなんだろうか?と考え、それを話すようにすれば、よい結果が生まれる気がする。