読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

お金儲けに関する2種類の考え方


お金を稼ぐ方法というのは世の中に色々あるが、なにか営利的な事業をしようとした際に、その考え方を2種類に分別できるのではないか?と考えたので、書いてみる。

1.利益追求型
このパターンは、何か事業をする際、単純に利益がでるかどうかでやるかどうかを決めるという考え方である。もっというと、例えばA,Bの異なる方法があり、Aは利益は一番大きいが社会的に悪影響がある(例えば環境に悪影響がある)。Bは利益はAに比べて大きくはないが、社会的に悪影響がない。という方法があった場合、単純利益型では、Aの方法を採用する。

2.事業追求型
このパターンは、そもそもその事業をすること自体が目的であり、その事業を継続するために、利益を出すことも必要である。というような場合である。このような場合に、単純に利益を追えばいいわけではないので、利益の上げ方には工夫が必要になる。

この1,2の考え方は人、場合によって混在しているため、考え方の異なる人同士では会話が成り立たない。といったことが考えられる。特に思うのは、日本はタテマエ上は、会社は利益を追求するものであるという1の考え方が幅を利かせている。ただ、世界を見渡してみれば、そもそもお金を稼いでそれをどうするの?とか、そういうことも考えないといけないし、そういうことを考えているプレーヤーが尊敬されるわけである(別に尊敬されるためにやるわけではないが)もちろんどちらの考えもスタンスとしてはありうるのだが、自分が何かやろうとする際、こういうことの優先順位をつけるのは大事だと思う。これはやらない。これはやる。というのをしっかりしていれば、不確かな方向に物事が進むのをとめることができる。つまり何か事業をやるには(事業というのは何も大きなことに限らない)理念をしっかりもってやったほうがいいということだ。ただ、利益追求をしているだけなのに、事業追求型であるかのように見せかけるのは、ただの欺瞞なのでやめたほうがいい。そういう欺瞞に人は敏感だ。