読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

勝手に名曲の歌詞を味わう会(その1)


さて、名曲の歌詞を引用しつつ、味わっていきたいと思う。今回はその1(続くかどうかはしらない)である。

移りゆく時の流れのままに ただ身を任せているだけなら
高い丘の上にのぼって 風に吹かれていたい

小田和正 風のように」より

いきるということは、いくらがんばっても、やはり時の流れに身を任せているようなところがある。そういうどうにもならないものを認めたうえで、穏やかな気分で、上から構えておけばいいと思わせてくれる歌詞だ。飄飄としていたい。いつもそんな気持ちで居られるほど賢くはなれないが、そこに戻って行きたい。風に吹かれることは、今を感じることだと思う。風というのは時が流れていることを、すごくよく教えてくれる。だからこの歌詞は、景色がよくみえる歌詞だ。

ところで、コントロールできないものをコントロールしようとすることは苦しいことだ。でも例えば高い丘の上で風に吹かれるようなことは、やろうと思えばできることだ。もっといえば、コントロールされない自由を手に入れられるのかもしれない。これは恋愛の歌とも取れる。自由にならないなら、自分が自由になればいい。

小田和正は、風のように・風の坂道・風のようにうたが流れていた 。と、風のつく歌がいくつかあるが、どれもいい曲だ。