読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

老害について

ヒト 人間 生活


ちょっと前からいわゆる、キレる老人などということが言われるようになってきた。年をとって脳が衰えた時、自分はそれに気づくことができるのだろうか?といったことをたまに考える。

問題:人間は、自分の脳が衰えた時、どの部分がどのように衰えたか、どの程度把握することができるだろうか?

上の問題は、人間につきまとっているテーマと思う。この問題の回答はすぐにはわからないが、ぼくは、これは一旦あきらめるのがよいように思う。つまり、自分がどう変わったかなんて、把握することは不可能であるという立場だ。

しかし、もしいつものように自分が行動していて、人から指を指されて、あなたは老害だ。といわれたら、その時はじめて自分が変わったのかもしれないと、思い直せばいいのではないだろうか。

死なない人がいないように、老いることは不可避である。だから、そのことに怯えるよりは、「人任せ」にして、自由に意見を発信していけばいいと思う。やり過ぎだと指摘されれば、おそらくそうなんだろうと控えて他のことをして、またほとぼりがさめたころにいろいろとやればいい。

そういうふうにすればいいんじゃないかと、漠然と思ったので書いておく。

以上。自分が老害になることを恐れることについて。

(また、考え変わったり、新たに思うことができたら書き足すかも)