読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

欲との付き合いかた


自分はわりと欲深い方だと思う。欲をコントロールしないと、大変なことになってしまうと思うので、ここで欲をコントロールする方法について整理しておきたい。

まず、そもそも欲望の赴くままに行動すると、どんな災厄が降り掛かってくるだろうか?すぐ思いつくものとしては、
・金銭的な損失
  例:欲望の赴くままに高価な買い物をし、お金がなくなる。
・身体的な損害
  例:頭文字Dの読み過ぎでスピードを出し過ぎてしまい、事故を起こす。
などが考えられる。(後者は冗談だが、分かりやすさ重視で書いている。)

まず、そもそも我々は生きているので、行動には何らかの目的があったりするものなのだが、それが崇高な目的なのか、欲なのかという事を切り分けた方がいい。例えば、面倒臭いけど部屋を掃除したいというのは妥当な目的だが、かっこいい車が欲しいと言うのは欲である。我々が目標を立てるとき、この「妥当な目標」と「欲に基づく目標」を切り分ける必要がある。以降、簡単のため、前者を目標、後者を欲とよぶ。

きり分けたら、自分の中で欲が芽生える度に、脳内で審査をかける。ポイントは、欲の実現こそ計画的にやった方がいいという事だ。もし、計画段階で欲が消えればそれでいいし、計画中に予算が足りないとか、リスクが大きすぎるといった問題に気付けば中止の決断もできる。あるいは実行するにしても、より効率的に実行できるので、リスクは減り、満足度は高くなるだろう。

つまり欲も他のTODOと同列に取り扱えばよい。しかし、欲を設定する場合、次の前提条件を設定する。これをなるべくすれば欲は少なくなる。
・予算、リスクを算出する
実施前に、予算とリスクを算出する。そして大事な事は、それが本当に許容できるかを考える。これで、衝動的な欲は起きにくくなる。
・日程を決める
実行の段取りがつき、やっても良さそうだということになったら、日程を決める。早くすることにメリットがあまりない様なら、なるべく後回しにするのがよい。(例外はある)後回しにする場合でも、なるべく満足度が高まるような工夫をする。

TODOをどうするかという事は、別に書きたい。