読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastapple's blog

時系列関係なく、情報を追記・分割・統合などします。ブログに記載の内容のうち、引用ではなく、私自身が記載している文章・コードなどについては、自由にご利用ください。

appleのビジネスモデルは多様性を排除することではないか。


タイトルの件、appleの戦略というのは、例えばなにか製品をだして、そのあと、明らかにそれを超えるスペックで、それとほとんど似通ったものを出す。という戦略だと、最近思ってきた。

新しいものが出ても、大抵のものは、古いものにも一日の長があったりするものだが、appleの製品というのは、同じ製品をどんどんバージョンアップしてだすことで、新しいものにメリットが付加されて、古いものにはメリットがないのだ。

つまり、多様性をあえて排除することで、新しいものを使いたいという要求を引き出すという戦略である。これを、バージョンアップ戦略と名付けよう(いま)。

日本のガラケー市場や、白物家電市場というのは、いわば全体としては多様性を生み出してきた。しかし今後、バージョンアップ戦略でしか、市場で生き残れないようであれば、市場における製品の多様性は、徐々に失われる方向になるのではないかと考えている。

タイトルでは、appleの、と書いたが、実際はどこのメーカーもこういう戦略を少なからずとっているものだ。

商品が進化すれば進化するほど、モノは画一的になり、こういう戦略が本命となる。

商品に多様性がある状態を、エントロピーの低い状態だとすると、どんどんエントロピーが高い状態へ移行するということだ。

このような流れはいたるところで今後、みられると思う。